2007年09月07日

町に出よ、仕事しよう

近頃、喫茶店などで仕事することが多い。

ひとつには、打ち合わせをしてそのままそこで仕事を続けることがあるから。
もうひとつの理由は、自宅で仕事していて気分が乗らないとき、外で仕事したほうが効率がアップすることがあるからだ。

ちょうど、NHKラジオのビジネス英会話が、"Working Out of a Third Place" というテーマで、これはまさに、在宅ワーカーが喫茶店で仕事する、という話題だ。
そのようなスタイルで仕事する理由として、講師の杉田敏氏は「ざわめきが孤独感を癒してくれるし、オフィスでのような人間関係のしがらみがないから快適」だ、というようなことを述べていたのだが、なるほど、と思った。

一人で静かに仕事しているよりも、だれかがそばでがさがさしているほうが、気持ちが落ち着いたりする。

喫茶店で仕事するとき、いちばん問題になるのが電源事情だが、あれこれ探していたらこういうサイトにたどりついた。

電源利用可能なマクドナルド店舗情報サイト:マクドナルドforモバイル
http://mac.af-e.net/

そんなわけで、最近はマクドナルドでばかり仕事している。
ブレンドコーヒー(S)一杯で、何時間も仕事したりする。
店の人には迷惑だろうが、マックの食事はどうも口に合わないのでしかたがない。
※フレッシュネスバーガーのハンバーガーを食べると、マクドナルドのハンバーガーは二度と食べる気がしない。

それでも、最近は、1時間あたり50円分くらいはコーヒーかジュースを飲むことに決めている。
少しは、売り上げに貢献しているつもり。。。
posted by K/I at 15:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

夏バテてました

うちのノートPC、夏バテがひどくて。
作業していると、とつぜん青画面になり、時には頻発してほとんど仕事にならない感じでした。

裏面がそうとうに熱くなっていて、かなり危険な状態。
そこで、横置きにして小型扇風機で空冷してみたところ、症状は治まりました。見にくいのが難点ですが。それに、首が痛くなります。

あれこれ試行錯誤するうちにたどりついたのが、割り箸。
ノートPCの下に割り箸を渡して机面から少し浮かせ、通気させるんですね。
これが意外と効果を発揮し、青画面にはならなくなりました。
533783327_98.jpg 533783327_239.jpg

昨晩も、割り箸通気をしながら仕事していましたが、まぁ大丈夫だろう、と思い、割り箸をはずして机に直置きした瞬間青画面に。
これで、割り箸効果の高さが明確に示されました。
ファイルは1つ壊れましたが。。。

今日はかなり涼しくなって、割り箸も必要なさそうです。
posted by K/I at 11:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

渋谷オフィス開設

といっても、マクドナルド内ですが。

外出中に時間が空いたときなど、喫茶店やファーストフードで仕事することはよくあるけれど、先日は業務を依頼したワーカーさんと渋谷のマクドナルド内で作業してみた。

今の高田馬場の部屋はとても狭いし畳敷きなので、作業してもらうのは難しい。
そんなわけで、マクドナルド内に臨時オフィスを開設したわけだ。

その日はカウンターに2人並んで、黙々と作業。
それで、3時間で200円。
じつに安上がりだ。

ここを本格的なオフィスにしてみようか、とさえ思う。

イーモバイルを契約すればインターネット回線が使える。LANケーブルでつなげば何人かでインターネット接続できる。
食事も注文できるし、トイレもあるし、1日マクドナルド内で事足りてしまう。
電源さえあれば、作業は何時間でもOK。24時間営業店舗なら徹夜仕事も可能だ。

ちなみに、こんなのがありました。
http://mac.af-e.net/
放浪エンジニア道を極めたい方には、うってつけのサイトです。

毎日のように、集団で長時間仕事している連中がいたら、店の人は邪魔くさいだろうなぁ。
しかも売り上げにならないし。
posted by K/I at 08:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

徹夜病

このところ連日、徹夜したくてたまらん、って感じです。

ウソです。

仕事が終わりません。

いくら資料を作っても、その度に仕様が変わるんですが。
穴を掘り終わると、それを埋めて別の穴を掘れと言われる、例の有名な拷問そのまんまです。

だれも責任をとらない社内体制というのは、こういう弊害を生み出すのだということ、身をもって知りました。

プログラマさんがすでにプロジェクトにジョインしているので、待ってもらうわけにもいかず、決め撃ちでやや強引に制作を進めているけれど、絶対に仕事しにくいはず。

プログラマさんに申し訳ない。。。
posted by K/I at 00:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

CentOS 4.4 -> 5.0 アップグレード

前回の記事で、CentOS 5.0 について書いたが、CentOS 4.4 からアップグレードしたので、それについてのメモ。

(1) yum を使ってアップグレード (ただし失敗)

まず、yum を使ってアップグレードを試みたが、カーネルの依存関係の問題で conflict を起こし、どうしても解消できなかった。
※参考:「Fedora Core 5 -> Fedora Core 6 アップグレード

以下、yum で試してうまくいかなかった作業状況について書いておく。

まず、現在の CentOS 4.4 のパッケージを最新のものにする。

# yum update

次に、OS のアップグレードを行う。

アップグレード用の RPM パッケージは、たとえば以下の URL からインストールできる。

# rpm -Uvh \
http://mirror.centos.org/centos/5.0/os/i386/CentOS/centos-release-5-0.0.el5.centos.2.i386.rpm \
http://mirror.centos.org/centos/5.0/os/i386/CentOS/centos-release-notes-5.0.0-2.i386.rpm


これで、yum が 5.0 のレポジトリを見に行くようになる。
そして、yum のキャッシュをクリアし、アップグレードする。

# yum clean all
# yum upgrade


upgrade を実行すると、大量のパッケージをダウンロードしインストールが開始する。

Fedora Core の時と同様、エラーが表示されて終了する。たとえば、

Error: Missing Dependency: libnewt.so.0.51 is needed by package crypto-utils
Error: Missing Dependency: libdb.so.2 is needed by package gnome-libs
Error: Missing Dependency: libnewt.so.0.51 is needed by package newt-perl
Error: Missing Dependency: libttf.so.2 is needed by package VFlib2
Error: Missing Dependency: libdb.so.2(GLIBC_2.0) is needed by package gnome-libs
Error: Unable to satisfy dependencies
Error: Package gnome-libs needs libdb.so.2, this is not available.
Error: Package VFlib2 needs libttf.so.2, this is not available.
Error: Package initscripts needs kernel < 2.6.12, this is not available.
Error: Package autofs needs kernel < 2.6.17, this is not available.
Error: Package kudzu needs kernel < 2.6.13, this is not available.
Error: Package hal needs kernel < 2.6.17, this is not available.
Error: Package gnome-libs needs libdb.so.2(GLIBC_2.0), this is not available.
Error: Package newt-perl needs libnewt.so.0.51, this is not available.
Error: Package lksctp-tools needs kernel < 2.6.10, this is not available.
Error: Package crypto-utils needs libnewt.so.0.51, this is not available.


など。
yum に -t オプションをつけて実行してみたが現象は変わらないので、エラーの原因となっているパッケージを削除してみる。
※このとき、依存関係をたどってよけいなパッケージを削除されないように、--nodeps オプションをつける。

# rpm -ev --nodeps gnome-libs VFlib2 initscripts autofs kudzu hal newt-perl lksctp-tools crypto-utils

そして、あらためてアップグレードする。

# yum upgrade

それでもしつこく、

Error: initscripts conflicts with kernel < 2.6.12
Error: hal conflicts with kernel < 2.6.17
Error: kudzu conflicts with kernel < 2.6.13
Error: lksctp-tools conflicts with kernel < 2.6.10


というエラーが出る。
いずれも削除してあるパッケージだが、きっと依存関係から復活してきて悪さをしているのだと思う。
すでに削除してあるので yum erase はできないので、インストールしてから yum erase する。(もっといい方法はないのか?)

# rpm -ivh \
http://mirror.centos.org/centos/4.4/os/i386/CentOS/RPMS/initscripts-7.93.25.EL-1.centos4.i386.rpm \
http://mirror.centos.org/centos/4.4/os/i386/CentOS/RPMS/hal-0.4.2-4.EL4.i386.rpm \
http://mirror.centos.org/centos/4.4/os/i386/CentOS/RPMS/kudzu-1.1.95.15-1.i386.rpm \ http://mirror.centos.org/centos/4.4/os/i386/CentOS/RPMS/lksctp-tools-1.0.2-6.4E.1.i386.rpm


yum erase initscripts hal kudzu lksctp-tools

こうすると、やはり yum などすべて削除しようとする。。。

kernel のみアップグレードしようとしても無理。

以上、いろいろ試みたがうまくいかないのであきらめた。

【2008年10月16日追加】
yum でのアップグレードにまんまと成功している人がいました。

『yumを使ってCentOS 4.7から5.2にアップグレードしてみた』
http://www.greedy.jp/blog/nowhereman/200809/16/170317


(2) CD-ROM からアップグレード

そこで、CD-ROM からアップグレードインストールする。
やりかたは簡単で、CD-ROM の ISO イメージをダウンロードするなどしてインストール CD を入手し、そこからリブートするとインストールが開始する。

途中、新規インストールするかアップグレードするかを選択できる。

OS のアップグレードは問題なく完了したので、パッケージをアップデートする。

# yum update

すると、

Error: Missing Dependency: php = 4.3.9-3.22.4 is needed by package php-pear

というエラーが出てしまう。そこで、php-pear を削除

# yum erase php-pear

あらためてアップデートする。

# yum update

これで完了。

(3) おまけ

この記事にトラックバックをつけてくださっている「PC/NETのetcetra/2007-08-25」は、CentOS 4 から 5 へのアップグレードの総まとめになっています。
ぜひ、そちらをご覧ください。
posted by K/I at 16:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

Qemu for Mac OS X に CentOS 5.0 をインストールしてみた

CentOS の 5.0 がリリースされた。

【参考】
「[CentOS-announce] Release for CentOS-5 i386 and x86_64」
http://lists.centos.org/pipermail/centos-announce/2007-April/013660.html

Qemu のヴァーチャルマシン上に新規インストールしてみたので、その覚え書き。

まずはインストール CD の ISO イメージを何らかの方法で入手するわけだが、今回は BitTorrent を利用した。

BitTorrent というのは P2P のファイル交換プロトコルで、ファイルをピースに分けてやりとりする仕組みになっているようだ。
P2P というとセキュリティ上危険なソフトウェアのような印象があるが、BitTorrent は邪悪なソフトが蔓延しないように工夫がされている (と、どこかで読んだような気がする。あやしいので、よく調べてください)。
【参考】
「P2Pとかその辺のお話」
http://peer2peer.blog79.fc2.com/

Linux 用の BitTorrent クライアントには CTorrent などがある。
※ちなみに、Windows 用クライアントは、BitComet が一番よく使われていると思う。
CTorrent は、yum でインストールできる。

# yum install ctorrent

まず、torrent ファイルをダウンロード。

$ wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos//isos/i386/CentOS-5.0-i386-bin-1to6.torrentent

ダウンロードした torrent ファイルを ctorrent コマンドの引数として実行。

$ ctorrent CentOS-5.0-i386-bin-1to6.torrentent > log.txt 2>&1 &

これで CentOS-5.0-i386-bin-1to6 というディレクトリが作られ、その中に ISO イメージがダウンロードされる。
ダウンロードが完了すると、ctorrent はそのままアップロードサーバーとして作動し始めるので、適当なところで終了させる。

CentOS 5.0 のインストールに取りかかるわけだが、インストール手順はいつもとたいして変わらないので省略。

ちなみに、インストール CD は ISO イメージのまま Qemu にロードさせてブートした。
posted by K/I at 13:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

SETI@home の現在

コンピュータを買い替えたり、インストールし直したりするうちに、SETI@home を使わなくなっていた。
古いデータをあさっていて SETI@home を見かけたので、ひさしぶりにインストールした。

SETI@home
http://setiathome.berkeley.edu/

いつのまにか動作環境がすっかりかわっていて、BOINC という分散処理を管理するシステムの1プロジェクトとなっている。
BOINC をインストールして、そのプロジェクトとして SETI@home を追加する仕組みだ。

そういえば、かなり前に SETI@home からメールが届いていたな、と古いメールを探してみる。
「We notice that you registered with SETI@home on 25 July 1999, and that we haven't yet credited you with any completed work for SETI@home/BOINC. Your computing power is important to SETI@home.」。。。しばし反省。

ほかにも、バイオや数学などの分野のプロジェクトが BOINC で動かせるようになっている。

昨日から、BOINC を Windows Vista、Windows XP、Mac OS X、Fedora Core にインストールして試している。

Linux では、クラシック版とは異なり、XFree86 が必須のようだ。
Fedora Core マシンに X はインストールしていないので、Mac OS X で X11 を起動しておき、そちらに投げる設定して実行している。

しばらく、試してみようと思う。

※XP と Fedora はスペックが低いので、しょぼしょぼだ。
それにしても Vista は処理が遅すぎる。
その後、コマンドラインからも実行できることがわかった。以下の記事を参照ください。
SETI@home/BOINC をコマンドラインで実行する (Linux)

【関連記事】
「今度こそ宇宙人を探し当てる!? SETI@homeが新システムに完全移行へ」
http://www.yamaguchi.net/archives/002319.html

「SETI@HOME」
http://nta.jugem.jp/?eid=29

「ハビタブルゾーンに惑星発見!」
http://www.blwisdom.com/blog/shikano/archives/2007/05/post_90.html
posted by K/I at 22:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

初Mac

とうとう届きましたよ、初Mac。

iMac の、Intel Core 2 Duo 1.83 GHz のタイプ。

半日かけて当面必要な環境を整え終わり、これでようやく仕事に取りかかれる。

しばらく前から Eclipse (Java ベースのソフトウェア開発環境) を試していたが、今まで使っていた VAIO があまりにもスペックが低く、何をするにも「しばらくお待ちください」状態になってしまって少しも捗らない。
そんなわけで、パソコンの買い替えをせざるをえなくなった。

Windows への買い替えも考えたが、そろそろ Vista がリリースされるというタイミングで、ちょっと微妙。
かといって、Vista にはまったく (XP 以上に) 魅力を感じないので、Macという選択肢が急浮上したわけ。

以前は、Macは価格が高いという印象があったが、検討してみると Apple もけっこうがんばってる。
iMac なら、かなりコストパフォーマスがいいのだ。

プログラム開発のためにMacを買うのは、やはり抵抗というか違和感があったが、考えてみれば Mac OS X は UNIX なのだからいじりがいがある。
Intel Mac だから Windows とのデュアルブートも可能なのだそうで、どうしても Windows が必要になったらそういう対応策もありえるのだ。

まだやり方がわからないところもあるが、とりあえず root アカウントを使えるようにしたので、何とかなりそうだ。
タグ:iMac
posted by K/I at 18:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

100円ショップで生きる

最近、100円ショップ依存症になりつつある。
ほぼ3食、100円ショップですませる。

たとえば昨日は、以下のような献立。
・朝
弁当100円引き (=99円)
味噌汁(99円 x 1/8)
計:112円
・昼食
ご飯(99円)
納豆(99円 x 1/4)
味噌汁(99円 x 1/8)+ わかめ少量(1円?)
サンマ半分(99円 x 1/2)
サラダ(99円)
計:286円
・夕食
ご飯(99円)
味噌汁(99円 x 1/8)+ わかめ少量(1円?)
サンマ半分(99円 x 1/2)
キュウリ(99円 x 1/4)
計:187円
・夜食
カップラーメン(99円)
わかめタップリ(2円?)
計:101円

ちなみに今朝は少し豪華に、
・朝食
ご飯(99円)
味噌汁(99円 x 1/8)+ 椎茸(99円 x 1/6)+わかめ少量(1円?)
鶏の唐揚げ(99円)
納豆(99円 x 1/4)
キュウリ(99円 x 1/4)
計:278円
※椎茸が「豪華度」をじゃっかんアップさせている。
今朝は小松菜を入手しておひたしを作成中。

最近は夜遅くまで仕事して朝早くから仕事に取りかかるので、どうしてもお腹が減る (僕の大脳は大飯食らいである)。
そんなわけで、だいたい1日4食だけれど、1日あたり1,000円くらいで十分に済ませられる。

ここしばらく、会社に寝泊まり状態だが、ある程度まともな食事を、すべて会社の電子レンジと会社の流し台(お湯が出る!)でまかなえるのはすばらしい。おひたしも、野菜をお湯につけておくだけできることがわかった。

会社に住んでしまおうかと、最近、真剣にそう考えている。
posted by K/I at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

何日連続で徹夜ができるか?

徹夜の定義は何となくはっきりしない気がする。「完徹」という言葉があるのだから、完全でなくてもいちおう「徹夜」と言うらしい。ここでは、10分とか1時間とかの仮眠は本格的な睡眠とはカウントしないとして、「完徹」に対する「準徹」として徹夜の一種とみなすことにする。
さて本題だが、こういった「準徹」で何日くらい持つものか、試してみたところ (いや、正確には、仕事に追いつめられて、そうせざるをえなかっただけだが)、9月29日(木)の朝から10月5日(水) の明け方にかけて、最長1時間程度の睡眠で、しかもずっとパソコンに向かい続けて仕事することに成功した。
意志が強ければ (いや訂正、お客さんからのプレッシャーが強ければ)、不可能と思えるようなことも可能となるという、よい例である。
でも、二度とこんなこと、したくはない。
posted by K/I at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

全品300円

御徒町駅のそばに、全品300円という居酒屋を見つけた。
吉池側の改札口を松坂屋のほうに少し歩いて左側の路地を入ってすぐのところ。
刺身や煮物、焼き魚、唐揚げなど、ふつうの居酒屋にあるものならたいてい揃っているし、ビールも日本酒もすべて300円均一。そして、これがなかなかおいしいのだから素晴らしい。刺身など、下手なチェーン店の居酒屋よりずっといい。
五反田のモスバーガーで12時まで仕事したあと、不忍池そばのマックで100円コーヒーで夜中2時までねばり、あとはここでうたた寝しながら食事をし、始発で帰るというコースができた。
posted by K/I at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

傘に振り回される

先月、久喜市の知り合いの家に傘を忘れてきてしまった。
日曜日にまた行く用事があったので、「いつも忘れ物が多くて」と照れ笑いしながら傘を持って帰ったのだが、さっそく久喜駅のトイレの中に忘れてきた。1000円以上した傘なので (自分にとってはかなり高価) 月曜の夜の仕事帰りに久喜駅に行ってみたが、傘は届けられていなかった。
ちょっとがっかりして東武動物公園駅に戻ろうとすると、驚いたことに終電がなくなっていた。11時を少しまわったばかりなので大丈夫だろうと思っていたが、上り電車は予想以上に早じまいだった。
傘を失った上にタクシー代まで出して帰るのは癪だし、これから知り合いの家に泊めてもらうには遅すぎる。どこかで朝まで時間をつぶすとしようか。
いつも気づかずに通り過ぎていたが、駅前のタクシー乗り場付近にはとても快適で広々とした空間が設けられている。ベンチも数台置いてあって、ゆっくりできる。なんだ、いい駅じゃないか、久喜駅って。見直した。数人の若者が名残惜しげに固まって語り合い、別の若者が一人徹夜を決め込んでいるらしくベンチで休憩している。背広を着た恰幅のいい中年男は、すでにベンチに横になって大鼾をかいている。僕もベンチをひとつ借りて、駅の灯りを頼りに雑誌を読み始めた。
しかし、30分くらい読んだところで気が変わった。このままここで夜を過ごすのも無駄だなぁ。東武動物公園の駅まで歩いて帰ることにするか。荷物が重いのは気になるが、疲れたら途中で休み休み歩いて、朝までに家に着けばいい。ここで朝まで待つよりずっとましだ。
一度、道を間違えた。六間道路とかいう道を行ったのだが、見たこともない道で不安を感じて駅に引き返す。夜は情報量が少ないから、少し面倒でも慎重に行動した方がいい。
駅の地図で確認すると、もう1本西側の道だとわかる。再出発。空に低くぼんやり光る月をながめ、携帯ラジオを聞きながら歩く。暗いので距離感がつかめなくて、どのくらい歩いたのかわからない。12時半をまわったくらいか、1時くらいか。時間もわからない。どうでもいいや、という気になって黙々と歩く。昼間の業務を終えて、ひっそりと休んでいるラーメン屋や喫茶店、この喫茶店は昼間営業しているのだろうか、看板も古びているし草も生え放題だが、少し人の気配を感じる、こんなところにホテルがあるが、だれが利用するのだろう、この喫茶店はこんな時間に営業しているらしいぞ、星がきれいだな、夜の川は音がよく聞こえる、ちゃんと終電時間を確認すべきだったな、いつも行動が軽はずみだからこんなトラブルに巻き込まれるのだ、今の時間に踏切が鳴っている、下り電車はまだ動いているのか、などととりとめなく考えながら。
少し疲れたので、途中のローソンで生クリームを挟んだフランスパンを買い、食べながら歩く。そうして無事家に到着した。やれやれ。
それにしてもあの傘、どこいっちゃったのかなぁ。
posted by K/I at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

さすらいのプログラマー編

常駐業務をかかえていると、どうしても持ち帰り案件の進みが悪くなる。
しかたなく、ゆうべは帰宅せずに常駐先の近所で仕事する。時間的には帰宅も可能だが、電車移動による体力消耗を避けるためだ。このほうが確実に仕事は進む。
こういう時は、たいていジョナサンで仕事する。ドリンクバー1つで何時間でもいられるからとても重宝する。24時間営業なので閉店で追い出される心配もない。
しかし、2時間足らずでパソコンの電池が切れてしまった。まだ仕事が片づいていない。ちょっとしたアクシデントだ。
モスバーガーに移動。五反田駅前のモスは各テーブルに電源が完備していて、どうぞお使い下さいと書かれている。ほかのモスでは見かけないからここだけのサービスなのだろう。実にありがたい。パソコンに充電しながら仕事を続ける。
閉店時刻の午前1時まで仕事して公園に移動。しかし蚊が多いので早々に退散し、スーパーの裏手の路地端で仕事を続行する。たまにはこういうのも面白いけれど、ときどき人が通るので恥ずかしい。それに、スーパーの角で若い女の子にごそごそ相談しながら金を払っているあの中年男は何なのだろう? 場所柄、ついよからぬ事を想像してしまう。仕事の区切りがついたので、再度場所を移動する。
すぐそばに24時間営業のデニーズがあることを思い出し、そこで仕事の続きをする。コーヒーがお替り無料だから、ドリンクバーでほとんどコーヒーしか飲まない僕にとってジョナサンに匹敵する便利さだ。2時半、ようやくひととおりの作業が完了。あとは動作確認して細かいところを直すだけだ。この先は明日家に帰らないとできない。予定していたところまでは無事終えた。よかった。
常駐先には9時頃までに行けばよいので、まだ時間がある。少し仮眠をとる。
2時間くらい眠ったところで、冷房が寒くて眼をさます。嫌がらせかなぁ。いや、考えすぎか。首にタオルを巻いたりして寒さを凌ぐが、どうしても我慢できず店を出る。再度公園へ。
目黒川沿いのこの公園は、トイレもあるし、明るくて安全だし、とても便利だ。ただ、ベンチの中央に肘掛がついていて横になるのが難しい。最近のベンチはこうなっているものが多いようだ。ベッドとして使われるのを防ぐためではないかと思う。
肘掛のところに斜めにリュックサックを置き、肘掛の上に体を載せるようにして寝る。蚊がいるので、長袖シャツを羽織り、首のまわりから頭にかけてタオルをかぶって防ぐ。隣のベンチでは、白黒の猫がぐったりと寝ている。眼の悪そうな猫だ。物音がする度に、不安気に耳を立てている。
2時間睡眠をとって常駐先へ。少し早めの時刻だ。トイレで体を拭き、Tシャツを着替える。ここはカジュアルスタイルなので、一晩公園で明かしても、よれよれYシャツで不審がられないのでいい。
今日もまた、お務めがんばります。
あ、そうだ。五反田の繁華街にある100円自販機で500mlのお茶を買っておくのだった。。。
posted by K/I at 08:48 | 埼玉 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

売上げ36,120円

最近、家の中に本があふれかえっているので、Amazonで本を売ってみた。
マーケットプレイスというところに出品するのだけれど、これが実に手軽で具合がいい。
出品したい本やCDを検索して、それを出品手続きすれば完了。値段は自分で決める。
これまで、290点くらい出品して、40点が売れた。
総売上が36,120円。Amazonに支払う手数料や送料を差し引くと、27,097円の儲け。
まあまあかな。
posted by K/I at 22:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする