人気ブログランキングへ

2005年08月12日

断水の日、断電の日、断ガスの日

生きていく上で、水道、電気、ガスというライフラインは大切だと思う。
でも、それが停まってしまったらどうなるのだ?ということはあまり考えていない。考えてはいても、具体的にどうしようという対策は意外と手薄だ。
そこで、ライフラインの大切さを実感し、それが断たれた場合の生きのび方を身に付けるために、「断水の日」「断電の日」「断ガスの日」を実行しようと思う。つまり、「今日は水道を使わない」とか、「電気を使わない」とか決めて、1日を過ごすのだ。
「使わない」のは苦行のためではないので、たとえば断水の日でも水は飲む。これは水道を使わないという意味だ。水道の代替手段をくふうする。ペットボトルの水を買いためておいてもいいが、できれば永続的な手段が好ましい。たとえば雨水を溜めて浄水する方法とか、川の水をきれいにして飲む方法とか。
最初は1日だけにしておいて、そのうち慣れてきたら、1週間くらいつづけてみたい。
タグ:資源 省エネ
【思いつきメモの最新記事】
posted by K/I at 13:23 | 埼玉 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 思いつきメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか面白い考え。試しているうちに、ひらめくもの、発見がいっぱいあると思う。
ぜひやってみて。

話し変わるけど、この前のコメントの意味ピーマン。どういう意味?
Posted by ファンファン at 2005年08月15日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。