人気ブログランキングへ

2007年04月18日

BOINC マネージャで別ホストの BOINC クライアントを表示する

前回の記事で課題として残っていた、別ホストの BOINC マネージャに表示させる方法がわかったのでご報告。

※BOINC クライアントが Linux の場合のみ。Windows、Mac OS X の BOINC クライアントの状況を表示する方法は未だ不明。

細かいところは、前回の記事を参照のこと。


■BOINC クライアントの起動

(1) パスワードの設定

BOINC ディレクトリ内のファイル gui_rpc_auth.cfg に、パスワードを平文で書き込む。(存在しない場合は作成)
※このファイルは、boinc コマンド実行時に (存在しなければ) 自動的に作成される。

(2) BOINC クライアントの起動

BOINC クライアントを起動する際に、-allow_remote_gui_rpc オプションをつける。

# ./boinc -allow_remote_gui_rpc > /dev/null 2>&1 &

これで、リモートホストからの RPC 実行が許可される。


■BOINC マネージャからの接続

(3) コンピュータの選択

別の PC (Windows でも Mac OS X でもよい) で BOINC マネージャを起動し、[高度な操作] メニューから [コンピュータの選択] を選ぶ。
表示されるダイアログで、[計算機名 (ホスト名)] 欄に、BOINC クライアントのホスト名または IP アドレスを、[パスワード] 欄に (1) で gui_rpc_auth.cfg に設定したパスワードを入力し、[OK] ボタンをクリックする。

これで、指定した BOINC クライアントで処理中のタスクなどが表示される。
posted by K/I at 11:47 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。