人気ブログランキングへ

2012年09月11日

Adobe Flash Media Server のインストール (Windows 7)

Adobe Flash Media Server をインストールしてみた。
これを使用すれば、保存してある動画をオンデマンド配信したりライブ映像を配信したりすることができる。

今回インストールしたバージョンは Flash Media Development Server 4.5。
このバージョンは機能に制約がある無料バージョン (トライアルという位置づけ) である。

必要なスペックは、
Windows
  • 3.2GHz Intel® Pentium® 4 processor (dual Intel Xeon® or faster recommended)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 R2 (64 bit) or Windows® 7 (32 bit; for Adobe® Flash® Media Development Server only)
  • 64-bit operating systems: 4GB of RAM (8GB recommended)
  • 1Gb Ethernet card recommended (multiple network cards and 10Gb also supported)
Linux
  • 3.2GHz Intel Pentium 4 processor (dual Intel Xeon or faster recommended)
  • Red Hat® Enterprise Linux® Server 5.5 (64 bit) or Linux CentOS 5.5 (64 bit)
  • 64-bit operating systems: 4GB of RAM (8GB recommended)
  • 1Gb Ethernet card recommended (multiple network cards and 10Gb also supported)
64bit OS が手元に無かったので、今回は必然的に Windows 7 に Development Servrer をインストールする選択肢となった。

1. インストーラーのダウンロード

まず、Adobeサイトから、インストーラーをダウンロードする。
インストール #1

インストール #2

インストール #3

インストール #4

インストール #5

2. インストールの実行

ダウンロードしたZIPファイルを開くと以下のように展開される。
インストール #6

Windowsフォルダー内の FlashMediaServer4.5.exe が32bit版のインストーラーらしい。
インストール #7

インストール #8

インストール #9

シリアル番号の入力を求められるが、何も入力しなければ Adobe Flash Media Develpment Server がインストールされる。
インストール #10

インストール #11

インストール #12

RTMP 経由ではなく、HTTP 経由でストリーミング配信したい場合は Apache 2.2 もインストールする (モジュール f4fhttp_module, jithttp_module, hlshttp_module がインストールされる)。
インストール #13

インストール #14

管理者のユーザー名とパスワードを入力。
Administration Console でログインするときに使うもの。
インストール #15

インストール #16

すでにポート 80 が使われている場合は、使われていないポート番号を指定する。
これが RTMPT と HTTP で使うポートになるらしい。
ポート 1935 のほうは変更するとたいへんだと書かれているので、たとえば 80 → 8080 に変更するなら 1935,8080。
インストール #17

インストール #18

インストール #19

ファイアウォールの設定ダイアログが表示された。
インストール #20

インストール #21

インストール完了するとブラウザーが開き、Server Start Screen と Administration Console が表示される。
インストール #22

インストール #23

Administration Console で、[Server Address] に "localhost"、[Username] と [Password] にインストール時に設定したユーザー名とパスワードを入力して [Login] するとコンソールに入れる。
インストール #24

3. インストールの確認

次のいずれかの方法で Start Screen を起動して正常にインストールできたかどうか確認できる。
  • Windows スタートメニューから「Adobe Flash Media Server Start Screen」起動
  • Webブラウザーで (インストール先ディレクトリ)/webroot/index.html を開く (実質、前項と同じ)
  • Apache をインストールした場合は Web ブラウザーで http://localhost にアクセス
Flash Media Server の画面が表示され、動画の再生がはじまる。
動画がはじまらない場合は、右側の "STREAMING" パネルの三角矢印ボタンのどれかをクリックしてみる。
インストール #25

今回はここまで。
posted by K/I at 19:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292027726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック