人気ブログランキングへ

2008年12月18日

SQL Server Express Edition を使ってみる

SQL Server Express Edition を導入してみた。

1. インストーラの入手

SQL Server Express Edition のインストーラは、以下のサイトからダウンロードできる。

Microsoft SQL Server: SQL Server 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/japan/sql/editions/express/default.mspx

このサイトから、「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services Service Pack 2」をダウンロード。
このインストーラには、通常の SQL Server Express Edition に加えて、
  • フルテキスト検索
  • Microsoft SQL Server Management Studio Express (SSMSE)
が含まれている。

2. インストール

ダウンロードしたインストーラを実行する。

どうせだから、全機能インストールしてしまおう。
SQL Server 2005 Express Edition インストール #1
特に、Management Studio Express (SSMSE) は必ず選んでおく。

認証モードでは、「混合モード」を選んだ (試したかったので)。
SQL Server 2005 Express Edition インストール #2

あとは、なりゆきに任せてインストール。

3. SQL Server の設定

Windows の [スタート] メニューから、"SQL Server Management Studio Express" を探し出して起動する。

起動するとサーバーへの接続ダイアログが表示される。
インストール時に混合モードの認証を選んだので、[認証] は "Windows 認証" と "SQL Server 認証" のいずれかを選べる。
SSMSE サーバーへの接続
"SQL Server 認証" を選んだ場合、[ログイン] 欄は sa、[パスワード] 欄にはインストール時に設定したパスワードを入力し、[接続] ボタンをクリックすると、サーバーに接続できる。

SSMSE の使用法の詳細は割愛。
posted by K/I at 14:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。