人気ブログランキングへ

2008年11月14日

Tomcatでデータベースを使う - MySQL編 -

Tomcat から JDBC で MySQL データベースに接続する方法について (JNDIを利用)。

PostgreSQLについての情報は『Tomcatでデータベースを使う - PostgreSQL編 -』を参照。


以下、MySQL はすでにインストールされているものとする。
また、Tomcat は 6.0、MySQL は 5.0 を使用した。

1. JDBC ドライバ Connector/J の入手

MySQL から、JDBC ドライバ Connector/J というものが提供されている。
MySQL の Downloads ページから ZIP または tar+gz 形式のファイルをダウンロードし、解凍する。

2. リソースの設定

これは、Tomcat のバージョンによって大きく異なるようで、注意が必要。
まずは、Tomcat サイト (http://tomcat.apache.org/) の Documents の、"JNDI Resources" の章をよく読む。

特に、jar ファイルをどこに設置するか?とか、Resource 設定をどの XML に記述するか?などに注意。

たとえば、Tomcat 6.0 では、jar ファイルは $CATALINA_HOME (つまり、Windows デフォルトなら C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0) の下の lib フォルダ内に置くのが一番簡単、と書かれていたのでそこに mysql-connector-java-[version]-bin.jar を設置。
Resource は、$CATALINA_HOME/conf/context.xml の Context ノードの中に記述せよ、となっているので、Connector/J の付属マニュアルの「5.2.2. Using Connector/J with Tomcat」の設定をコピーした。

設定はこれで完了。

3. 接続のしかた
Connection db
= DriverManager.getConnection("jdbc:mysql://localhost/"
. "データベース名?"
. "useUnicode=true&"
. "characterEncoding=Shift_JIS",
"アカウント", "パスワード");
Statement objSql = db.createStatement();
ResultSet rs = objSql.executeQuery("SQLクエリ");

などとする。
posted by K/I at 08:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。